MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

マンション売却ナビ

マンション売却する前にまずは流れを把握するのがベストです。
まずマンション売却を行うという場合、どのような流れで進んでいくのかという大まかな流れを知ることから始めることをおすすめします。

 

 

 

目次

 

マンションを売却するために

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を検討している人もたくさんいると思います。
ひと昔前であれば住居の購入は一生に一度の買い物といわれていましたが、現在では住居を買い替えるという人も珍しくなくなりましたし、中古物件を購入するという人も非常に増えてきました。
しかし、一般の人であれば、マンション売却をするということそう頻繁に行うものではないと思いますし、初めて売却を検討しているので、マンション売却に関する知識が全くないという人も少なくないと思います。
知識があるのとないのとでは売却がうまくいくどうかに大きく影響するのは言うまでもありませんよね。
マンション売却するとなると自分の力で売却するというのはほぼ不可能なので、不動産業者に仲介してもらうことになります。
依頼する不動産業者もどこでも良いというわけではありません。
どの不動産業者に仲介を依頼するかどうかによっても満足のいく売却が出来るかどうかに大きく関わってくるので、どのような不動産業者を選んでいけばよいのかをしっかりと見極める必要があります。
よって、その見極めが出来るための知識も必要になってきます。
そして、不動産業者と契約を結ぶとなった場合も契約にも種類がありますし、自分にはどの種類で契約をした方が良いのかを判断するためには、その特徴を知っていく必要があります。
また、トラブルとなる大きな原因となるのがこの契約内容に関してなので、契約する際にはどういった点に注意しなければならないのかということも事前に知っておくべきでしょう。
また、不動産業者に仲介してもらうからといって業者に任せっきりというわけにはいきません。
買い手が見つかり購入してもらうためには、自分でも売れるための努力を行う必要があります。
また、売却するのであれば出来るだけ高く売却したいと考えると思います。
そのためには自分が何をすればよいのかというのも知っていく必要があります。
事前に知識を身につけておくことで高く売却することも可能なのです。

 

マンション売却といっても不動産は一生の一度の買い物ではない

 

マンション売却

 

マンションを購入したという人は購入する際に一生に一度の買い物という気持ちで購入した人もたくさんいると思います。
マンションに限らず不動産を購入する際には一生に一度の買い物だという気持ちで購入する人もたくさんいると思います。
不動産の購入となれば高額な買い物となりますし、何十年とローンを組んで購入する人も多いと思うのでそのように考える人の気持ちもわかります。
そのような気持ちをもってマンションを購入した人は、マンション売却をして買い替えるという選択肢はないと思っていることでしょう。
しかし、ライフスタイルが当初の予定とは違ってきたりして、住み替えをしたいという気持ちが出てくることもあると思います。
しかし、一生に一度の買い物をしてしまったので諦めるしかないと思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、最近ではマンションを買い替える人も非常に増えてきています。
自分にはそんなにお金に余裕がないと思う人もいるかもしれませんが、マンション売却を行なって、それを頭金として中古マンションを購入するのであればじゅうぶんに可能だと思います。
一生に一度の買い物だと思ってマンションを購入した人のなかにはマンション売却を行なって買い替えをするということにネガティブな印象を持っている人もいるかもしれませんが、買い替えを行なうことによって、より良い環境を手に入れるということは決してネガティブなことではないと思います。

 

マンション売却する理由について

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を考えている人もたくさんいると思います。
しかし、購入したマンションに思い入れもあるでしょうし、なかには一生このマンションに住むという気持ちで購入した人もいるでしょう。
そのような理由でマンション売却を躊躇してしまっている人もたくさんいると思います。
マンション売却をしようかどうか悩んでいる人のなかには他の人はどのような理由で売却を決意しているのだろうと気になる人もいると思います。
マンション売却を行う人の理由は人それぞれですが、まず多いのが住宅ローンの返済が難しくなったり、生活費に充てるためという理由です。
購入した際にはきちんと返済計画を立ててローンを組んだつもりが、その計画の見立てがあまかったり、経済状況が想定外に変化してしまって、ローンの支払いが難しくなり、生活費も苦しくなってしまうというケースは少なくありません。
購入したマンションを手放したくないという気持ちはあると思いますが、ローンの支払いが出来なくなって滞納してどんどん状況が悪化するよりも、マンションの価値も下がる前に売却を考えた方が良いでしょう。
しかし、売却されるのはお金が苦しくなって仕方なくというネガティブな理由だけではありません。
より良い環境に住み替えるために売却するというケースも最近では非常に増えてきています。
以前はマンション購入してそこで一生暮らすという人が多かったと思いますが、最近では良い環境が見つかれば積極的に住み替えるという人が増えてきているのです。

 

マンションを売却することのメリットを考える

 

マンション売却

 

現在、マンション売却をしようかどうか悩んでいる人もいると思います。
マンション売却するかどうかというのは大きな決断となるので、なかなか決断するまでに踏み込めないという人もたくさんいるでしょう。
決断するためにはマンション売却することのメリット、デメリットをもう一度明確にすることが大切だと思います。
メリットとデメリットを把握しているつもりであっても、あらためて考えていると意外とはっきりと理解していないものです。
マンション売却することの大きなメリットとなるのは現金化できるということだと思います。
現金化することによって、ローンの返済が困難となってしまった人は返済にあてることができますし、買い替えをして新しい住居を手に入れてより住みよい環境に住みたいという人も、その現金化したお金を頭金としてあてることが出来るようになります。
その他にも生活費にあてるなど、現金化することが出来れば様々な費用に使うことが出来るようになるというのは大きなメリットでしょう。
また都市計画税や固定資産税の負担を減らすことが出来るというのも大きなメリットです。
マンション売却しようどうか悩んでいている間もこういった税金は払い続けることになります。
早く売却するとそれだけ税金を支払わずにすむようになります。
また、売却した時点で、先に支払っていた地震保険と火災保険料も残った分が戻ってきますし、銀行保証料も戻ってくるというのもメリットとなります。

 

マンション売却のデメリットやリスクを知る

 

マンション売却

 

マンション売却をしようかと考えてはいるものの、なかなか行動に移せないという人は結構いると思います。
現在では、マンション売却するということはよくある話ですが、いざ、自分がマンション売却するとなると本当に売却していいものだろうかと悩んでしまうものですよね。
そのような人はマンション売却をすることによってデメリットがあるのかということや、どのようなリスクが考えられるのかを明確にしてみることをおすすめします。
それらを明確にした上で、それでもマンション売却することの方にメリットがあると判断することが出来れば、売却することを決断できるようになるでしょう。
まず、デメリットとですが、実はデメリットはほとんどないと言ってよいでしょう。
むしろ売却しようかどうか悩んだままそのままにしている状態の方がデメリットはたくさんあります。
売却することに関してはデメリットというよりもリスクに関して知っておくべきだと思います。
もっとも知っておくべきリスクは、買い手が見つからなければいつまでも売却することが出来ないということです。
もし、あなたがどんなに安くても良いからとにかく売却したいというのであれば、買い手を探さなくても不動産業者に買取りしてもらうという方法がありますが、相場よりかなり安く売却することになります。
多くの人はそれでは困るのではないでしょうか。
相場くらいの額で売却したいということであれば、ある程度の期間が必要となるのは頭に入れておかなければいけません。

 

マンション売却の流れを知る

 

マンション売却

 

現在、マンション売却をしたいと思っている人のなかには、売却はしたいという気持ちはあるものの何から初めて良いのかわからないという人もたくさんいると思います。
そのような人は、まずマンション売却を行うという場合、どのような流れで進んでいくのかという大まかな流れを知ることから始めることをおすすめします。
まずは仲介を依頼する不動産業者を選んでいくことになります。
ここで不動産査定をしてもらいます。
この不動産査定の査定額は業者によって異なってくるので、一社だけに依頼するのではなく複数の業者に依頼して査定額を比較することが大切です。
また、査定を依頼する前にも情報収集をして自分なりに相場を把握しておくことも大切です。
自分の調べた相場や、不動産業者の査定、さらにはスタッフの対応などを参考にしてどの不動産業者に仲介を依頼するか決定をしたら、契約を結ぶことになります。
契約にはいろいろな種類があります。
選んだ契約によっては、他の不動産業者とは契約出来ないという契約もあるので、しっかりと自分に合った契約を選んでいく必要があります。
契約を結んだら、売却価格を設定することになります。
売却価格は自分で設定することが出来るので、自分の希望額に設定することももちろん可能ですが、相場からあまりに外れた価格に設定してしまうと買い手が現れなくなってしまい、いつまで経っても売却することが出来ないので、業者のアドバイスを参考にしながら決めていくと良いでしょう。

 

マンション売却の仲介業者に支払う成功報酬について

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を検討していていろいろと情報を集めているという人もいると思いますが、マンション売却の際にかかる費用はどれくらいなのだろうと気になっている人もたくさんいると思います。
まず、マンション売却すると必要になるのが仲介業者に支払う費用です。
ほとんどの人はマンション売却するとなれば自力ではなく仲介業者に仲介を依頼して売却することになると思います。
もちろん仲介業者も商売行なっているので費用を支払う必要があります。
しかし、仲介業者に支払う費用は成功報酬となり売却が決まったらその売却額の一部を仲介料として支払うことになるので、売却が決まるまでは一切費用が発生しません。
仮に契約を結んで広告を出してもらったり、いろいろと時間や労力を業者にかけてもらったとしても、売却することができずに契約が取り消しとなった場合には、費用は一切支払う必要はありません。
万が一請求された場合、支払う義務がないということを知っておけばきちんと主張することができますよね。
よって、事前の相談や不動産査定も全て無料で行なってもらえるので、売却しようかどうか悩んでいるという人もとりあえず相談しに行ってみると良いと思います。
仲介手数料は売却額によって上限が決められているので、売却額を設定した時点で、この値段で売却出来たら、どれくらいの仲介手数料が発生するのかを事前に把握することが出来ます。
よって、売却後のプランを考える時はこの仲介手数料もきちんと考える必要があります。

 

マンション売却時の売買契約書の主にチェックするポイントを知る

 

マンション売却

 

マンション売却を行うときの大きな心配となるのが、買い手が見つかるだろうかということです。
マンション売却することにはいろいろなメリットがありますが、買い手が見つからなければ売却することが出来ないというリスクがあります。
特に早く売却して現金化したいと考えている人や、買い替えのタイミングがあるのでいつまでも売却できないと困るという人は、買い手が見つかるかどうかは非常に不安に思うことでしょうし、なかなか買い手が現れずにやむなく値下げをするというケースも出てくるでしょう。
そんななか買い手が見つかってお互いの条件がまとまることが出来れば契約をすることになります。
買い手が見つかり契約となればホッと一安心すると思いますが、ここで油断してはいけません。
なぜならマンション売却でトラブルとなるのがこの売買契約書によるものだからです。
この契約書で知っておくべきことは契約の内容は基本的に双方の自由に決めることができるということと、一度契約書で決めたことは簡単に解除することは出来ないということです。
よって、しっかりと売買契約書の内容をチェックしてから契約する必要があるのです。
自分の希望や条件がきちんと契約書に折り込まれているのか、自分にとって不利となるような条件が入っていないか、さらには内容に曖昧なところがないのかということは最低限チェックしておくべきです。
後からトラブルとならないようにしっかりとチェックしましょう。

 

マンション売却の契約から引渡しまでに気をつけること

 

マンション売却

 

マンション売却を行う人によって買い手が見つかって契約することが出来れば、大きな関門を突破したことということが出来ます。
マンション売却は買い手が見つからないことには売却することが出来ないので、早く売却したいのに売却することが出来ないということはよくあることです。
そういった意味では買い手が見つかり契約することが出来たとなれば誰もがホッと一安心することでしょう。
しかし、契約したからといって油断してはいけません。
マンション売却の契約後も所有権を移転させる手続きも必要ですし、引渡しも契約した期日までに行う必要があります。
特に買い替えのためにマンション売却をするという人は、現在住居として利用していることになると思うので、期限内にきちんとした状態で引渡しが出来るように準備を進めていく必要があります。
もし間に合わないとなれば契約違反となってしまうので、計画的に準備を進めていかなくてはいけません。
マンション内の荷物を整理したり、ゴミを処分したり、掃除をするのはもちろんですが、敷地内の清掃もきちんとおこなうべきです。
今後トラブルとならないためにも、もう引渡しさえすれば関係ないという気持ちではなく、これから新しく住む人に少しでも気持ちよくここに住んでもらおうという気持ちをもって準備を行なっていきましょう。
そうすることで、買い手の人との関係も良い関係を築くことができて、トラブルの軽減につながることでしょう。

 

マンション売却の手付金の金額設定について

 

マンション売却

 

マンション売却の際に契約まで漕ぎ着くことができたらゴールはかなり近いということができますが、まだまだ安心は出来ません。
後々トラブルとなってしまわないように売買契約書の内容にはしっかりとチェックしていく必要があります。
売買契約をする際には、ほとんどのケースで手付金を支払うことになります。
よって、マンション売却を行う側からすれば手付金を受け取ることができるということになりますね。
手付金には種類があって、違約手付、解約手付、証約手付という3種類があるのですが、マンション売却の際の手付金の場合はほとんどのケースで解約手付となるでしょう。
解約手付というのは、契約後も解除するための費用は発生するものの契約を解除することが出来るというものになります。
そこで、重要になってくるのが手付金の金額設定です。
手付金の金額設定も契約の際に双方が話し合って決めることになります。
ここで、高い手付金を支払ってもらっておくと万が一買い手が契約を解除したいとなった場合、高い解除金を支払うことになるので、解除しにくくなりますし、高い解除金を受け取ることが出来ます。
よって売り手からすれば手付金を高めにもらっておきたいところですが、あまりに高い手付金を提示すると、それならばやっぱり契約はやめますということにもなりかねません。
だからといって手付金を安くしておくと、買い手は解除しても解除にかかる費用が少なくなるため気軽に解除しやすくなってしまいます。

 

マンション売却の契約解除について知っておく

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を不動産業者に仲介を依頼していて、買い手が出てくるのを待っているという人もいると思います。
マンション売却をするという人の多くは、買い替えなど売却して得ることが出来る現金をあてにして今後の計画を立てていると思います。
しかし、相場から考えても適正な価格に設定して、きちんとした不動産業者にしっかりと販売活動してもらっても必ず買い手が現れるというわけではありません。
よって、期待していた以上に買い手が現れないとなると段々焦ってきますよね。
そこで、買い手が見つかってお互いの条件がまとまったら契約ということになりますが、長らく買い手が現れるのを待っていた売り手側からすれば早く契約を締結させたいという気持ちになると思います。
しかし、契約をするときは慎重に内容を確認した上で行う必要があります。
マンション売却の契約一度契約をしてしまうと、簡単には解除することができません。
仮に契約後にやっぱり解除したいということになって、それが契約違反にあたってしまう場合は違約金が発生してしまいます。
違約金は売却する予定だった額の1割から2割を支払うことになります。
売却額が2千万だった場合、違約金は2百万から4百万になるということになります。
こうしてみると違約金を払うことになったら大変なことになるということがわかると思います。
このようなことにならないためにも解除する必要がないように契約する前に契約内容を精査する必要があるのです。

 

マンション売却の専属専任媒介契約のメリットとは

 

マンション売却

 

これからマンション売却をするために不動産業者に仲介を依頼しようと思っている人もいると思いますが、どのような種類の契約をするつもりでしょうか。
初めてマンション売却を行うという人であれば、契約に種類なんてあるのかと思う人もたくさんいると思います。
マンション売却を不動産業者に仲介を依頼する際には契約を結ぶことになりますが、その契約には種類があって大きく分けると3種類に分けることが出来ます。
その3種類とは専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類になるのですが、このなかからどの契約にするのか決めていく必要があります。
その契約にするかを決めるためにはそれぞれの特徴を知る必要がありますよね。
まず、専属専任媒介契約ですが、専属専任媒介契約の特徴は、契約を結んだ場合は契約した不動産業者の仲介以外では契約することが出来なくなるというのが大きな特徴になります。
他の不動産業者に仲介してもらうことも出来なくなりますし、仮に自分自身で購入したいという人を見つけた場合であっても契約することができないという契約になります。
このような厳しい制限があるのに、何かメリットがあるのかということになりますが、その業者でしか契約することが出来ないということで、その業者はしっかりと販売に力を入れることができるようになるのです。
他社にも仲介してもらっているという場合だと、広告費をかけて販売活動していても、他社で契約されてしまうとそれまでの広告費や人件費などが無駄になってしまうので、積極的に販売が行われないのです。

 

マンション売却の専任媒介契約について

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を行うために不動産業者の業者選びを行っているという人もいると思います。
不動産業者選びによって、業者選びを行なって正式に依頼することになったときのこともしっかりと考えておかなければいけません。
不動産業者に仲介してもらうことになると契約をすることになりますが、マンション売却の仲介の契約には種類があってどの契約にするのかを決めなければいけません。
何も知らないまま不動産業者に依頼してどのような契約をするかと聞かれたら、慌てて選んでしまって後からやっぱり違う契約にしておけばよかったということになってしまいかねないので、事前にその契約にするのかある程度決めておくべきだと思います。
もしも、不動産業者には仲介を依頼するけども、自分でも買い手を探すつもりだという人であれば、専任媒介契約か一般媒介契約を選ぶことになります。
専属媒介契約と一般媒介契約の大きな違いは専属媒介契約は自分自身で買い手を探して契約することは出来るものの他の業者に仲介してもらうことは禁止され、一般媒介契約の場合は自分自身で探すのも他の業者に仲介を依頼するのも自由になります。
一見、制限されない一般媒介契約の方がメリットが大きいように思えるかもしれませんが、専属媒介契約であれば、他社で買い手が見つかってマンション売却されてしまう可能性がないため、広告費や販売活動が無駄になるというリスクがなくなるため積極的に販売活動が行われるため、買い手が見つかりやすいというメリットがあります。

 

マンション売却の一般媒介契約のメリット、デメリットを知る

 

マンション売却

 

マンション売却を考えていて不動産業者に仲介を依頼するつもりだという人であれば、不動産業者と結ぶ契約について知っておく必要があります。
もちろん何も知らないという場合は業者側からきちんと説明してもらえるとは思いますが、事前に知っておいて考えておくのとその場で初めて知るのとでは大きな違いが出てくるので、ぜひ事前に知っておくべきだと思います。
まず、マンション売却を行うために仲介してもらうことになった場合は契約をすることになりますが、専属専任媒介契約、専属媒介契約、一般媒介契約という3種類のなかから自分に合ったものを選んで契約をすることになります。
マンション売却を行う場合、自分に合った契約はどれになるのかはこの3種類の特徴がわからないことには始まりませんよね。
まだ、正直この不動産業者の他にも仲介を依頼するかもしれないという場合や、自分自身でも買い手を見つけていきたいという人であれば、一般媒介契約を選ぶのがおすすめになります。
なぜ、一般媒介契約がおすすめになるかというと専属専任媒介契約や専属媒介契約だと、自分自身で買い手を見つけて契約するのが制限されたり、他社に仲介することを制限されたりするためです。
一般媒介契約はこのような制限がないというのがメリットと言えますが、一般媒介契約だと他社で買い手が見つかったという場合、それまでの広告費などが無駄になるリスクが業者側にあるため、積極的に広告費を使用して販売活動が行われない傾向にあるというのがデメリットとなります。

 

マンション売却の前に自分の物件の特徴を知る

 

マンション売却

 

これからマンション売却を考えている人は、出来るだけ早く買い手が見つかって欲しいという気持ちがある人も多いと思いますし、少しでも良い条件でマンション売却したいと考えている人がたくさんいると思います。
そのためには、よい不動産業者を見つけることが大切だと思って、一生懸命不動産業者選びをしている人もいると思います。
たしかにマンション売却の際に仲介してもらう不動産業者選びは非常に重要なポイントになりますが、良い不動産業者を見つけて仲介を依頼してしまえばそれで大丈夫というわけではありません。
早く買い手を見つけたり、より良い条件でマンション売却するためには、自分自身が物件の特徴を把握しておく必要があります。
不動産業者も間取りなどの情報は得ることが出来ますが、騒音もなくすごく静かに暮らせるとか、周囲に遮断する建物もなく日中はすごく日当たりが良いというように、実際に生活している人でないとわからないような情報をたくさん提供することが大切です。
そういった情報が広告に載っていれば買い手側からすれば非常に参考になりますし、間取りと金額しか掲載されていない広告よりも魅力に感じてもらえる可能性がグっと高くなるでしょう。
これからマンション売却を考えている人は自分のマンションのアピールポイントをすぐに言えるでしょうか。
事前にしっかりと考えていないと意外と出てこないものだと思うので、アピール出来るようにしっかりと考えておきましょう。

 

マンション売却の際ターゲットを明確にする

 

マンション売却

 

これからマンション売却をするために不動産業者に仲介を依頼しようとしている人もたくさんいると思います。
マンション売却をする場合、少しでも良い条件でマンション売却したいと考える人がほとんどだと思います。
そのためにはどのような人に購入してもらうのかというターゲットを明確にする必要があります。
売却出来るのであればどのような人でもいいから、別にターゲットを絞る必要はないと思う人や、ターゲットを明確にするとしても、仲介してくれる業者が専門家なのだから決めてくれればいいのでは、と思う人もいると思います。
マンション購入を考えている人はそれぞれ購入目的があります。
例えば、若い世代の人が結婚などを機にマンション購入を考えているというケースもあれば、子供の成長に伴って買い替えを検討している人もいるでしょう。
またリタイアを機に購入を考えているシニアの人もいるでしょう。
さらには住居にかかる費用を抑えるためのマンションを探しているという人もいるでしょう。
自分が売却しようと考えているマンションはどのような人におすすめなのかを明確にして、その人たちをターゲットにして情報を発信していった方が、効率良く買い手を見つけることが出来るのです。
そういったことは販売活動をする仲介業者が行なってくれるものではないのかと思うかもしれませんが、その物件のアピールポイントを知っているのは実際にその物件を利用しているあなた自身なのです。

 

マンション売却で高く売れる物件の条件とは

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を検討している人の多くは、出来ることなら高く売りたいと思っていると思います。
マンション売却をする際には、自分で売却額の設定を行うことが出来るので、希望する金額を設定することは出来ますが、相場からかけ離れていると、いつまで経っても買い手が現れないという結果になってしまうでしょう。
自分のマンションは高く売れるのかどうかよくわからないという人や、どのような物件が高くマンション売却出来るのだろうかという疑問をもっている人も多いと思います。
まずは、築年数はやはり大きな判断材料となり、築年数が浅いマンションは人気があって高く売却できる可能性が高くなります。
しかし、築年数が経っていても立地条件によってはじゅうぶんに高く売却出来る可能性があります。
例えば、都心からのアクセスが良いとか、駅から近い、人気のある沿線上にあるというような物件は人気があって、築年数が古くても高い価格で売却できるケースが多くなります。
また、公共施設や教育施設が充実していたり、遊歩道や公園など環境も充実していると人気が高く、高く売却出来る可能性が高くなります。
これらはマンションに限らず、一軒家でも同様の条件になると思います。
その他にもマンションであれば、管理人の対応が良いかや、ゲストルームなどの共有スペースが充実しているかも非常に大切なポイントになります。
あなたの売却しようと思っているマンションはどうでしょうか。

 

マンション売却の際共有部分のメンテナンスについて

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を検討しているという人であれば、自分の物件は高く売却することが出来るのだろうかということが気になっていると思います。
不動産が高く売れる条件となるのは駅近くなどの立地条件や、周辺の施設などの充実などいろいろな条件がありますが、マンション売却の場合は共有部分も非常に重要なポイントになります。
自分の居住スペースだけをキレイにして気にかけていているものの、共有部分には気を配っていないという人も結構いるのではないでしょうか。
マンション売却をするためには購入したいという人がいなければいつまでも売却することが出来ません。
購入希望者が現れた場合、必ずマンションを内覧してから購入するかどうかを判断することになります。
その際には居住スペースだけではなく共有部分もしっかりとチェックされることになります。
内覧をしてみて、いくら居住スペースがキレイで好印象をもてたとしても共有部分で良い印象を持ってもらえなければ購入しようと思ってもらえません。
日頃から住んでいて見慣れてしまっているとあまり気にならない共有部分も、一度購入を希望する人の立場になって改めてチェックしてみると気がつく部分もあると思うので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。
例えば、駐輪場の自転車が整理されていなかったり、ゲストルームやキッズルームが掃除や整理がされていなかったり、さらにはゴミ収集所が異臭を放っていたりしていないでしょうか。

 

マンション売却に大切なのはここに住みたいと思ってもらえる工夫をすること

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を行うために不動産業者に仲介を依頼して購入希望者が見つかるのを待っているという人もたくさんいると思います。
マンション売却は購入者がいなければいつまで経ってもマンション売却することが出来ないので、購入希望者がいつ現れるだろうと心待ちにしている人もいるでしょう。
しかし、購入希望者が現れるのを待っているだけというのはあまりおすすめできません。
購入希望者が現れた場合、購入希望者は必ず内覧をしてから購入するかどうかを決断することになります。
よって、購入希望者が内覧をする際に良い印象を持ってもらって、ここに住みたいと思ってもらえるような努力をしておくべきだと思います。
しかし、具体的にどのようにすればここに住みたいと思ってもらえるかわからないという人もいることでしょう。
そういった場合は、自分ならここに住みたいかと考えてみると良いでしょう。
もちろん好みの違いは人それぞれあると思いますが、自分自身が快適に暮らせる空間であれば、良い印象を持ってもらえる可能性が高いでしょう。
購入希望者はあなたの生活している居住スペースをモデルルームをチェックするような感覚でチェックしてきます。
余計な物は処分して、清掃してキレイな状態にしておくことは当たり前ですが、インテリアや配置などにもこだわってみてはいかがでしょうか。
自分でできる限りのことはやって自信をもって購入希望者にみてもらえるようにしておきたいものです。

 

マンション売却の前に住まいの履歴書を作成する

 

マンション売却

 

これからマンション売却を行うという人のほとんどは不動産業者に仲介してもらうことになると思いますが、少しでも早く、そして少しでも良い条件でマンション売却をしたいのであれば、不動産業者に任せっきりではいけません。
マンション売却するために自分で努力出来ることはしっかりとやっておきたいものです。
購入者が部屋を見学したいという時に備えて、キレイにしたり、住みたいと思ってもらえるようなオシャレな空間づくりをしておくなど出来ることはいろいろあると思います。
また、住まいの履歴書を作成するのも非常におすすめです。
住まいの履歴書というのは、リフォームや定期点検などを行なっている場合はその記録を記載したり、災害が発生した経験がある場合は、どのような災害があって被害はどうだったというのも記録しておくと良いでしょう。
また、家具や電化製品も購入希望者が欲しいというのであれば、譲りますというものがあるのであれば、それらの情報も記入しておくと良いでしょう。
このような情報をまとめておけば、購入希望者にとってはすごく参考になり、信頼度も増しますし、具体的なイメージをしやすくなって購入する可能性が高くなると思います。
このような情報は実際に住んでいた人しか提供することが出来ませんし、こういった情報を詳しく提供出来るかどうかで、購入希望者の印象が大きく変わってくると思うのでぜひ住まいの履歴書を作成しておくことをおすすめします。

 

マンション売却の際の見学依頼への準備について

 

マンション売却

 

これからマンション売却を行うという人や、すでにマンション売却のために不動産業者に仲介を白井しているという人は、購入希望者が現れてくれるのかなと不安に思う人もたくさんいると思います。
買い替えなどを検討している人は新しく住むところとの兼ね合いもありますし、現金化して使用するあてがあるという人の場合は早くマンション売却して現金を手に入れたいと思っていると思います。
しかし、購入希望者が現れて購入してもらわなければ、そういった計画も大きく狂ってしまいますよね。
よって、購入希望者が現れたということになれば、その人にぜひ購入を決断してもらいたいと思うことでしょう。
そのためには見学依頼への準備を事前に行なっておくことが大切です。
購入希望者は自分の今後の住まいになるかもしれないわけなので、必ず自分の目で確かめてから購入を決断するという人がほとんどです。見学依頼は突然やってくるかもしれないので、いつ依頼がきてもよいようにしっかりと準備をしておく必要があります。

 

要らないものは処分をしておいて、スッキリとした空間をつくっておくべきですし、掃除をしてキレイにしておくのも最低限やっておくべきことでしょう。
また、照明を新しいものにしておくだけでも、部屋の明るさが全く異なって印象が変わるのでぜひ新しいものに変えておくと良いでしょう。
また、家のニオイにも気を配っておきましょう。
自分は慣れてしまって気にならないようなニオイでも、他の人は気になるというケースもあるので、気を付けましょう。

 

少しでも高くマンション売却したい人がやるべきこと

 

マンション売却

 

これからマンション売却を検討する人の事情はそれぞれだと思いますが、売却したお金を資金として、買い替えや生活費など何らかの目的に使用することを予定している人がほとんどだと思います。
よって、マンション売却をする人は少しでも高く売却したいと思っている人が多いと思います。
そのためにもしっかりと販売力がある不動産業者を選んでいく必要がありますね。
そこで、一生懸命不動産業者選びを行っている人もたくさんいると思います。
そこで、販売力が高い不動産業者を見つけることが出来て仲介を依頼したとしても業者に任せっきりでは不十分です。
自分でも良い条件でマンション売却出来るように出来る努力は惜しまずにやっていくべきだと思います。
でも、どのような努力をやっていけばよいのかわからないという人もたくさんいることでしょう。
まず、大切なのが仲介してもらう不動産業者に生活のイメージを伝えるということが大切です。
不動産業者は購入希望者に告知や案内をしていくことになりますが、その物件の間取りや築年数は伝えることが出来ても、生活イメージは実際に生活している人でないと伝えることが出来ません。
よって、その生活イメージを不動産業者にしっかりと伝えておくことで、不動産業者から購入希望者に生活イメージを伝えることができるようになるのです。
購入希望者にとって、生活イメージを伝えてもらえるというのは非常に大きな情報となり、購入へ具体的に考えるきっかけとなることが期待できるのです。

 

ポジティブなマンション売却理由を考えておこう

 

マンション売却

 

現在、マンション売却をしようと思っている人は、当然マンション売却をしたい理由があるということになります。
その理由は人それぞれだと思いますが、なかにはネガティブな理由でマンション売却しようとしている人も少なくないでしょう。
例えば、ローンの返済が厳しくなったからとか、生活に不便だという理由の人もいるでしょうし、隣人とトラブルがあったという人もいるかもしれません。
購入希望者が出てきた場合、内覧希望で部屋を紹介することになると思いますが、多くのケースでなぜマンション売却するのかという質問を受けることになると思います。
その際に、このようなネガティブな理由をそのまま伝えてしまったとしたら、購入希望者に悪い印象を与えてしまいます。
自分が購入する立場になって考えてみると分かると思いますが、実際に生活していた人がネガティブな理由で売却しようとしているのを知ったら、嫌な気分にありますよね。
それが理由で購入を見送られてしまう可能性もじゅうぶんに考えられます。
本当にネガティブな理由しかないという人であっても、売却理由を聞かれた場合はポジティブな理由を答えるべきでしょう。転勤などで引越しをしなければならない、子供が巣立ったので、広い家に住む必要がなくなったというように、なるべくネガティブではない理由を言えるように考えておきましょう。
購入希望者は何かマイナス要素があるのかと不安にならないようにポジティブな理由を購入希望者に伝えて安心させましょう。

 

マンション売却の瑕疵担保責任とは

 

マンション売却

 

マンション売却を行おうとしている人であれば、瑕疵担保責任について知っておくべきです。
これからマンション売却を検討している皆さんは瑕疵担保責任についてご存知でしょうか。
瑕疵担保責任というのは、契約後にマンションに何らかの欠陥があった場合、マンション売却した側が責任を負う必要があるというもので、住むことに大きな支障があるような瑕疵が判明した場合は最悪の場合契約解除となることもあります。
例えば、雨漏りやシロアリ被害が判明したり、耐震補強がじゅうぶんではないことが判明したり、近隣の騒音や異臭がひどかったりというようなことや、このマンションで自殺した人がいるなど精神的に住み心地が悪くなるケースも瑕疵にあたります。
このようなことは仲介する不動産業者には知りうることが難しい情報ですし、知りうることが出来るのは住んでいた売り主だけとなります。

これからマンション売却を行う

という時にマイナス要因がある場合、自らわざわざ言いたくはないと思うかもしれませんが、契約後に大きなトラブルとならないためにも知りうるマイナス要因はしっかりと伝えるべきなのです。

仮に瑕疵があることを本当に知らなかったというケースもあると思いますが、その場合でも瑕疵担保責任で損害賠償を請求されることがあるということも知っておくと良いでしょう。
この瑕疵担保責任を負う期間は、引渡し後いつまでかというのは契約の際に双方で話し合って自由に決めることができます。

 

マンション売却の査定額が高い業者を選ぶべきか

 

マンション売却

 

これからマンション売却をするために仲介してもらう不動産業者を探している人もたくさんいると思います。
不動産業者にマンション売却の相談をすると不動産業者によって不動産査定をしてもらうことになります。
この不動産査定の査定額は業者によって異なってくるものなので、一社だけに不動産査定してもらうのではなく複数の業者に不動産査定を依頼するというのが基本になります。
マンション売却の不動産査定を複数の業者にやってもらう最大の理由は自分の物件がどれくらいで売れるのかという相場を知るためです。
なかには複数の業者に不動産査定をしてもらって一番査定額が高い業者を選べば良いのかと考える人もいると思います。
これが自動車を売却する際の査定額であれば査定額がそのまま売却額になるので、最も高い査定額を出してくれた業者に売れば良いということになりますが、不動産査定の場合は査定額がそのまま売却額になるわけではありません。
基本的に不動産査定の査定額というのは、これくらいの額であればある程度の期間内に買い手が現れるであろうという金額になります。
しかし、業者によっては最初は高めに設定してみて、売れなければ値下げをすればよいという考えで、実際に相場よりも高めの査定額を出しているケースもあります。
また、相場から極端に高い査定額を出している業者であれば、他の高い査定額を出しておいて仲介契約を勝ち取ろうと考えている可能性が高いので注意が必要です。

 

時間をかければ高くマンション売却出来るのか

 

マンション売却

 

マンション売却を考えている人の目的は人それぞれだと思いますが、せっかくマンション売却するのであればなるべく高く売却したいと考えるのが一般的だと思います。
マンション売却の売却額の価格設定は自分で決めることが出来るので、自分が希望する額に設定することができます。
多くの人は不動産査定をしてもらって、その額を参考にして査定額を決めるという方法をとると思います。
しかし、なかには不動産査定で出してもらった査定額では満足できずに、時間がかかってもいいから査定額よりもかなり高い値段に設定してマンション売却しようと考える人もいると思います。
相場からかけ離れて高い値段に設定して、長い時間買い手が現れるのを待つことによって買い手が現れて売却することが出来るという可能性はあるので、一概には言えませんが、基本的には時間をかけたからといって、相場からかけ離れた高い売却額を設定した場合はいつまで経っても買い手が現れないケースの方が多くなるでしょう。
しかも、期間が長くなれば、その期間の税金も支払うことになりますし、不動産の価値も下がっていくことになります。
結果、長い間待ったけど買い手が現れずに売却額を値下げすることになることが予想されます。
また、その待っている期間、適正な価格で販売していれば購入希望者がいたかもしれません。
知らないうちにそういったチャンスを見逃してしまうこともじゅうぶんに考えられるので、時間をかければ高く売れるだろうという考えはあまりおすすめできません。

 

マンション売却の仲介手数料の値引きは可能か

 

マンション売却

 

マンション売却をする際には、自力でやるというのはほぼ不可能だと思うので、ほとんどのケースで不動産業者に仲介を依頼することになると思います。
マンション売却を不動産業者に仲介してもらうと、業者に仲介手数料を支払うことになります。
この仲介手数料はマンション売却することができた場合、成功報酬として支払うものなので、不動産業者は売却することができないと仲介手数料をもらうことができません。
よって、仲介手数料をもらって利益をあげるためにも一生懸命販売活動を行なってくれることでしょう。
この仲介手数料ですが、売却額によって上限が決められていてその上限内で不動産業者が好きなように設定することが出来るようになっています。
仮に3000万円で売却した場合、大体100万円くらいになるケースが多いと思います。
こうしてみると、仲介手数料も結構かかってしまうのだなと思う人が多いと思います。
不動産業者側が上限内で自由に価格を設定出来るということであれば、仲介手数料は値引きすることはできないのだろうかと思う人もたくさんいると思います。
実際は、他の不動産業者にお客さんをとられてしまわないために値引き交渉に応じてくれる業者も存在するようです。
すべてのケースで値引きに応じてもらえるとは限りませんが、一度交渉してみるのもいいかもしれませんね。
ただし、交渉するのであれば、契約をする前に交渉しましょう。
売却が決まってから交渉をしても、なかなか応じてもらえないと思います。

 

マンション売却は不動産を通さずに相場を知る方法はあるのか

 

マンション売却

 

皆さんのなかにもマンション売却をしようかどうか悩んでいるという人もいると思います。
なかにはどれくらいで売れるのかによってマンション売却をするか判断しようと考えている人もいるでしょう。
そこで自分の不動産であればいくらくらいでマンション売却出来るのかというのをとりあえず知りたいと思っている人も多いと思います。
マンション売却の相場を知るためお方法として一般的なのが不動産業者に不動産査定をしてもらうという方法になります。
ただし不動産査定の査定額は不動産業者によって異なるので、より正確な相場を知りたいというのであれば複数の業者に不動産査定をしてもらうとよいとうことになります。
しかし、まだマンション売却するかどうかもハッキリしていないという段階なので、まだ不動産業者に不動産査定をしてもらうのは気が引けるという人もいると思います。
よって、不動産を通さずにとりあえず相場を知る方法はないだろうかと思っている人もいるのではないでしょうか。
不動産を通さずに相場を調べる方法はあります。
最も早い方法はインターネットで情報を集める方法です。
自分のマンション名で検索してみると、これまで同じマンションに住んでいた人が売りに出した際の値段や現在販売している人の値段を知ることができます。
間取りや階数などが違えば、もちろん価値も変わってくるので、相場も変わってはくると思いますが、ある程度の参考にはじゅんぶんになると思います。

 

マンション売却のマイナス要因は隠すべきか

 

マンション売却

 

マンション売却を不動産業者に依頼すると不動産査定を受けるためにいろいろな箇所をチェックされることになります。
その際にマイナス要因があるという場合、そのマイナス要因を不動産業者に申告するべきかどうか悩む人はいると思います。
当然、マイナス要因があればマンション売却の売却額に影響しますし、申告したら査定額も下げてしまうことになるでしょう。
例えば雨漏りがするという場合は、雨が降っていない日に不動産査定や内覧が行えば、雨漏りがするという情報は売り手が申告しなければ、その時点でバレることはありません。
もし、そのマンションで自殺があったという事実を知っていたとしても不動産査定の際には申告しない限りは知られることはありませんよね。
よって、聞かれないのであれば黙っておこうかなと考える人もいるかもしれません。
しかし、マンション売却をする際には、自分が知りうる限りのマイナス要因は申告しておくべきです。
マンションを購入しようとしている購入希望者には、そういったマイナス要因も知らせる義務があるのです。
契約後にそういったマイナス要因が判明したということになれば、損害賠償や契約解除を求められるケースもあります。もう契約してしまえば関係ないのではと思う人もいるかもしれませんが、瑕疵担保責任といって、契約で定められた期間内であれば、責任を負う義務があるのです。
わかっていて黙っていたとなると大きなトラブルの元になってしまうので、事前に必ず正直に申告しておくべきでしょう。

 

リフォームしてからマンション売却すると高く売れるか

 

マンション売却

 

現在、マンション売却を考えている人は、少しでも高く売却したいと考えている人が多いと思います。
しかし、築年数もだいぶ経っているし、あまり期待できないという人のなかにはリフォームをしてからマンション売却すれば高く売れるのではないかと考えると思います。
実際のところ、マンション売却のためにリフォームするというのは得策なのでしょうか。
たしかに、リフォームを行なってキレイになった部屋であれば、マンション売却する際にもアピールポイントにもなりますし、購入希望者が現れる可能性も高くなることは期待できます。
しかし、リフォーム代となるとかなり高額になります。
例えばリフォーム代に100万円かかったという場合、予定していた売却額よりも100万円以上の価格をプラスして売却したいところですが、ほとんどのケースではリフォームにかかった費用よりも上乗せして売却するのは難しいでしょう。
期待できるのはせいぜいリフォーム代の2割、3割くらい上乗せした場合くらいなので、高く売却するためという目的だけでリフォームを行うのはおすすめできないということが言えるでしょう。

 

なぜリフォームをしても思うほど高く売ることができないのかというと、どのようにリフォームしたいかというのは人それぞれの好みがあるからです。
よってリフォームして値上げされるよりは、その分安くしてもらって購入してから自分好みにリフォームしたいと考える人が多いと思います。
そのためそのままにしておいたほうが得策と言えるでしょう。

 

近所に内緒でマンション売却出来るのか 

 

マンション売却

 

マンション売却をするという人の売却する理由は人それぞれだと思いますが、なかにはローンの返済が困難になったというようなネガティブな理由でマンション売却をしようとしている人もいると思います。
そういった場合であれば近所の人にマンション売却していることはあまり知られたくありませんよね。
しかし、近所に知られたくないので近所にはバレないようにしてほしい不動産業者にお願いするとなると不動産業者の販売活動がかなり制限されてしまいます。
マンション売却をするという場合、買い手を見つかるためには、出来るだけたくさんの人に知ってもらう必要があります。
そのために、インターネットで広告を出したり、DMを送ったりして宣伝していくことになります。
特に仲介してもらう不動産業者が宣伝活動を行う際には基本的にはマンションから近いエリアをターゲットとして、近所を中心に宣伝活動を行なっていくのが基本なのです。
実際、マンションの購入者というのは、遠方で全く土地勘がないという人よりも、近所で土地勘もあるという人も方が多いのです。
高額を出して全く知らない地域の物件を購入するというのはやはりリスクが高くなりますし、自分が知っている地域で購入する方がリスクは少ないですよね。
よって、近所にどうしても知られたくないという場合は、自分が住んでいる周辺の販売活動を制限しなければならないということになり、販売活動に大きく支障が出てしまいます。
近所の人に知られたくないという気持ちは分かりますが、よほどの理由がない限りはそういった制限はするべきではないと思います。